ヨーロッパは据え置き!

日米の動向に気を取られていましたが、
欧州も忘れてはならない存在。

でもどうせ据え置きになるんだろうなと思っていたら、
本当に据え置きになりましたね金利。

ドラギ総裁によると、
「当分の間は追加緩和の必要は無い」とのこと。

となると、
ユーロの追加緩和はしばらくは
無いと見て良いかと思います。

でもこの発言により
ユーロが買われる結果となりました。

ただECBの発表よりも影響を受けたのが、
原油価格でしょう。

46.1$から47$まで駆け上がり、
ドル円を始めとする通貨は堅調な動きを見せました。

さてNY時間です。

今原油価格が超絶イケイケ状態なので、
どこまで影響が出るのかが注目したい所。

また偉い人達の利上げに関する発言があるかどうかも、
要チェックです。