指標前の動きを狙ったトレード

経済指標の発表前の値動きを狙うという
トレード方法があります。

良く取引をしていると分かると思いますが、
重大な指標の発表前には市場参加者が
虎視眈々と重要指標発表を待ちわびているので
トレード数が少なくなり市場が静まりかえった状態となって
値動きがあまり無い状態が続きます。

狭い範囲で上下に動く時間帯があります。
いわゆるレンジ相場の状態です。

この状態のときに上値で売って
下値で買うということを繰り返していれば
取引は比較的成功しやすくなります。

ここで注意しなければならないのが、
大きな利益を狙わないということです。

大きな利益を狙ってトレードすると
せっかく利益が乗った状態があったとしても、
利確注文ができずにほっといておけば
含み損になるということも考えられますので、
この重要指標発表前のレンジ相場で取り引きをする時は、
わずかな利益ですぐに利益をとってしまいましょう。

深追いは絶対に禁物の取り引き方法となります。
硬く利益を取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です